さらに進化!ハンドヘルド型エポック血液ガス分析装置

いますぐ、その場で、検査から診断へ

重要な検査結果が1分以内に報告できると何が変わるのでしょうか?

どこでも使用でき、患者の状態をすぐにその場で把握することができたとしたらどうでしょう。
患者とケアチーム、検査結果の連携が完璧なら、より良い最適な治療戦略へと繋がるかもしれません。
さらに、これまでのストレスやリスクが改善される可能性も秘めています。


特長

イラスト内の+(プラス)ボタンをクリックください。各診療科におけるそれぞれの価値をご紹介します。


epoc NXS Hospital Hotspot POC™ EcosystemSecure Wireless ConnectionImagingNICU/PICUCentral LabEmergency/TransportRespiratory Care/ICUCVOR/ORepoc NXS Hostepoc BGEM Test Card

    検査プロセスを簡略化し、より価値のある最適な検査環境を。

    ベストな治療戦略

    ベストな治療戦略

    30分前の状態ではなく、直近の状態を反映します。しかも1分以内に。これにより、正確でより早い診断ができるようになります。

    トータルコスト削減

    トータルコスト削減

    エポックは抗凝固剤なしの汎用シリンジにも対応しています。またバーコード付測定カードは品質保証を自動化し、在庫管理を簡便にします。ベッドサイドの迅速測定はワークフローを改善するだけでなく、さまざまなコスト削減の可能性を秘めています。

    Future-icon 16:9

    検体取り違えの心配不要

    バーコードスキャナで患者をリアルタイムに確認し、データ入力や転記ミスを軽減。患者の安全性を向上させます。

    質の高い患者ケアを実現

    質の高い患者ケアを実現

    患者の側で検査を行うことでより集中した患者ケアが可能になること、そして何よりも患者満足度も高いケアを目指すことができるでしょう。



    待ち時間からの解放

    待ち時間からの解放

    緊迫した医療現場に内在する検体搬送や、測定待ちが不要となるため、貴重な時間を無駄にすることなく価値のある時間を創出します。また、複雑な在庫管理に費やす時間を減らし、時間とリソースを最適化して包括的なケアを提供します。

    感染リスクの軽減

    感染リスクの軽減

    感染対策エリアなど、限られた場所でもコンパクトで省スペースな設置を実現します。またベッドサイドですぐに測定カードに血液サンプルを注入することで、分析前のサンプル劣化を最小限にするだけでなく、感染対策にも有用です。


    epocnxs test card
    • 圧入式の簡単測定、凝固しやすい検体も次の測定に影響を残さないカード式
    • 効率的な消耗品管理、必要な消耗品はカードのみ15~30℃で保管可能
    • 期限切れ試薬の使用を防止するAQA (自動品質確認機能)*

    * Automate Quality Assurance 


    操作はとてもシンプル。

    Confirm Positive Patient ID

    患者ID確認

    Scan ID Badge and Insert Test Card

    測定カード挿入

    Collect Sample

    検体採取


    動画でよりわかりやすく。

    患者ID確認

    バーコードスキャナの患者IDの読取機能でリアルタイムに管理。検体の取り違えを防止し、正確なデータの登録と安全性が確保できます。

    測定カード挿入

    13項目を同時測定する専用の測定カード。15~30℃で保管可能なうえ、AQA(自動品質確認機能)により、期限切れ試薬の使用を防止します。

    検体注入

    抗凝固剤なしの汎用シリンジも使用可能。検体注入後、1分以内にモニタへ表示します。

    POC Ecosystem
    病院全体のデータをプロアクティブに。一歩先行くデータ管理システムで時間とリソースを最適化してみませんか。データマネジメントソリューションPOCcelerator(ポクセレレーター)との双方向通信により、機器、オペレータ、在庫管理、品質管理なども一括でみることができます。   *オプション

    測定項目

    PDFをダウンロードしてご覧ください。


    仕様

    PDFをダウンロードしてご覧ください。