Corporate Citizenship
コーポレート・シチズンシップ

Siemens Healthineersは企業市民として地域社会やコミュニティの健全で持続的な発展に貢献すべく、さまざまなプログラムを通したサポート活動を行っています。
Corporate Citizenship
Corporate Citizenship
 

ピンクリボン活動

各種ピンクリボン関連イベントへの参加や乳がん検診啓発パンフレットの配布、寄付など、ヘルスケアに従事する企業としての強みを活かし、幅広い取り組みをしています。

寄付・協賛活動

ピンクリボン運動のほか、早期発見からアフターケアまでの啓発的な取り組みに賛同し、以下の団体をはじめ、様々な活動を支援しています。

教育支援活動

次代を担う子どもたち、学生たちのために…私たちは教育支援活動にも積極的に取り組んでいます。

  • 第15回 日経エデュケーションチャレンジ イベント
    社会の第一線で働く研究者やビジネスパーソンなどが先生となり、夏休みの高校生に経験や実例に基づいた生きた授業を行い、次世代育成の一翼を担うプログラム、日本経済新聞社が主催する『第15回日経エデュケーションチャレンジ』に協賛しました。
    2015年7月27日には大阪で、8月4日には柏の葉で開催され、各会場ともに猛暑の中、たくさんの生徒たちが集まりました。
    今回このCSRイベントに協賛した企業は全部で11社。各企業から選ばれた「一日熱血教師」がさまざまに工夫を凝らした授業を展開しました。シーメンスからはヘルスケアCP 事業本部クリニカルマーケティング&コラボレーション部のスタッフが「クオリティ・オブ・ライフと最先端のヘルスケアサービス」と題して70分の授業を行いました。
    授業は、シーメンスを知らない高校生のために事業にまつわるクイズでスタート。講師の自己紹介に続いて、医療機器とはどんなものか、クオリティ・オブ・ライフ(以下、QOL)とは何かといったメインテーマに移りました。高校生にとっては「ニキビ」がQOLを大きく左右するなど、意外と身近な話題だという気づきを持ってもらえました。また、実物の超音波画像診断装置に触れたり、乳がんやピンクリボン運動について学んだりする時間もありました。さらに、女性医療の分野でQOLに力を入れている鹿児島県の相良病院の紹介もありました。病気になった患者さんだけではなく、その家族のサポートも積極的に行う相良病院ならではのストーリーを高校生たちも熱心に聞き入っていました。
    授業の最後には、「QOL は一人ひとりのものだけど、周りや地域が支えてくれている。だけど、他人のQOLは勝手に決められるものではない。あくまでもみんなで支え、見守ってあげることが大事」、「だからこそ、はじめの一歩としてお母さんや周りの女性に『健診を受けてね』と言ってあげてください」と、締めくくりました。