X線発見125周年を祝って

Roentgenroehrenbau

 

ヴィルヘルム・コンラッド・レントゲン博士がX線を発見し、今現在のように世界を変えてから125年になります。私たちは発見当初から、ともに数多くのイノベーション通じてX線の技術開発に携わってきました。

いまや、世界中で毎時24万人以上の患者が私たちの製品に触れていることになります。

このページでは、X線発見125周年を祝って、その技術発展の歴史に焦点を当てたストーリーを順次ご紹介していきます。どうぞご覧ください。

1910年頃の高周波実験室

初期のX線技術では、撮影のたびに花火が発生していた。


Siemens Healthineers MedMuseum
患者の状態によっては、X線装置を持ち込む必要があり、このことが、20世紀初頭からモバイルタイプのX線システムの開発を促しました。さて、当時、デバイスは非常に重かったため、運搬には馬が使用されていましたが、X線の発生に必要な電力の生成にも使用さていた?

MedMuseum

SOMATOM Forceでは、2つの検出器と2つのX線管が患者の周りを非常に高速で回転します。この時に発生する力は、メルセデスベンツEクラスをジェット機の5倍の加速力で円形のコーヒーテーブルの周りを回転させる力に相当する。


Siemens Healthineers MedMuseum

1970年代に専門のマンモグラフィ装置が導入される前は、乳房撮影のためにさまざまな補助装置に頼らなければなりませんでした。その一例として、乳房をアルコールに浸して画質を改善していた。


Siemens Healthineers MedMuseum

1957年以降、シーメンスは手術室での専門的な記録用動画の撮影を可能にする特殊なカメラを開発しました。