クリニテック アドバンタス 尿化学分析装置優れた柔軟性と立証された信頼性

クリニテック アドバンタスは、セミオート機器において国内で最も設置台数の多い*クリニテック 500の基本性能をそのまま引継ぎ、さらに進化させた尿検査(尿化学分析)装置です。 1時間あたり500検体の処理能力を持ち、13種類という幅広い試験紙メニューをもっています。クリニテック アドバンタスはさまざまな病気や症状の診断において、幅広い尿検査情報を提供します。

* 出典:「富士経済SPOT検査2007」2007年5月時点

特長

課題は、高品質なデータを維持しながら生産性を高めることです。

追加された機能

  • 使いやすいカラータッチスクリーンを採用
  • 尿沈渣顕微鏡検査の結果をタッチスクリーン、または外部接続キーボードを使用して統合することが可能
  • 精度管理を促す指示を自動表示
  • 試験紙の種類を自動識別し、ランダムに多様な試験紙の測定が可能
  • 吸湿した試験紙を認識し、警告を出します*1
  • 3種類のシーブ項目の設定が可能
  • 患者メモリ500検体分、QCメモリ200検体分からID番号で呼び出し

クリニテック500から受け継いだ機能

  • 随時スタンバイ状態でウォーミングアップが不要
  • 試験紙を載せるタイミングブザーをなくし、任意のタイミングで試験紙を載せることが可能
  • 測定ごとに自動較正を行い、測定精度を高める
  • 1時間に500検体の高速処理が可能
  • 色調混濁もバーコードで入力可能、入力ミスを低減
  • 測定結果は画面表示、内蔵プリンタおよび外部出力が可能

*1 湿度による試験紙の劣化を検知しメッセージを表示します(白血球を含む試験紙のみ)

測定項目

クリニテック アドバンタスは、医療に従事する方々が行う数多くの疾患や症状(例えば糖尿病、腎臓病/腎不全、尿路感染症や肝機能)の診断において、質の高い患者ケアに役立つ幅広い尿検査情報を提供します。

白血球
ビリルビン
亜硝酸塩
ウロビリノーゲン
蛋白質
pH
潜血

比重
ブドウ糖
クレアチニン
ケトン体
蛋白/クレアチニン比
アルブミン
アルブミン/クレアチニン比

仕様

システム

半自動尿化学分析装置

自動測定

尿色調

測定形式

ドライケミストリー試験紙

測定原理

反射分光光度法、反応波長と参照波長の2波長測定、尿色調による自動調整

外形寸法

幅39cm×奥行35cm×高さ32cm

重量

7.2kg

必要電力

100V~240V 50/60Hz

漏洩電流試験

正常状態では0.5mA未満、単一故障状態では3.5mA未満

最大入力電力

72VA

動作時環境温度

18℃~30℃

動作時環境湿度

相対湿度20%~80%

安全規格

UL, CE, EMC

届出番号

13B1X10041000004

試験紙の積載

装置に指示されないマイペース、ノータイミング

スタット検体の処理方式

ワンタッチでスタット検体の割り込み処理機能

検体の処理方式

単一モードまたはバッチモード

検体IDの入力形式

マニュアル、バーコードまたはホストからのダウンロード

較正

測定ごとに自動較正

メモリ

患者検体500件分とコンロール尿200件分の測定結果

インターフェイス

ASTM(CCS)フォーマットおよびクリニテック200とクリニテック200+のエミュレーションフォーマット

ディスプレイ

14.5cmカラーLCDタッチスクリーン(横320×縦240ピクセル)

イーサネット接続

10/100 Mbi、双方向性

内蔵プリンタ

24桁サーマルプリンタ

バーコード

ASTM E1466-92標準に準拠、PC wedge/PS2接続可能

キーボード

外付けPCキーボードオプション/PS2接続可能

外付けプリンタ

プリンタとのインターフェイスはパラレルポートコネクタ(25ピン)

尿試験紙の測定項目と測定可能機器の一覧をご確認いただけます。