バーサセルX3 ワークセル型検体搬送システム

3台の分析装置を1ヶ所で操作。オペレーターは1人。レポートも1つ。

バーサセル X3 はロボットアームを採用した先進のワークセル型検体搬送システムです。
接続された分析機の運用、および情報を一元化することで検査室のワークロードを大幅に低減します。 

 

3台の機器をワークセル化

● 全自動化学発光免疫測定装置ケミルミ ADVIA Centaur XPTと臨床化学自動分析装置Dimension EXL 200を接続することで、生化・免疫項目を1台の分析機として運用できます。

● 検体投入口は一ヶ所
約4.5メートル四方の設置スペースに生化・免疫測定のワークセルが構築できます。

● オンラインの1本化
接続された分析機のオンラインを集約化することができます。   

お問い合わせ

特長

集約化による効率性向上

  • 3台の分析装置を統合し、生産性を拡大
  • 1ヶ所から検体投入、排出可能
  • 測定後の検体仕分け業務自動化 

分析装置の性能を最大限に引き出し、生産性拡大

  • 測定エラーの検体を1ヶ所に自動整列
  • 自動再測定機能
  • LISとの直接接続によるオンライン費用削減
  • 定期的なユーザーメンテナンスは不要
  • 最大208検体の搭載が可能

簡単操作と測定ステータス表示

  • 検体搭載状況を自動表示
  • 接続している分析装置の画面を表示し操作可能
  • 検体の進捗状況を色別表示
  • 接続している分析装置のエラー、ワーニングの表示

簡単、フレキシブルな検体搭載

  • 8検体分のSTATドロワーを搭載、他の検体に先がけて処理が可能
  • 検体投入部であるドロワー(引き出し)をSTAT、ソート*用として設置可能
  • 測定をとめることなく、簡単な検体追加や取り出しが可能

省スペース
■ 設置面積 1.3m×1m

サンプルマネージメント業務効率化
■ 自動再検によるウォークアウェイ時間の増加

技術情報

一般名称

ロボットハンド駆動型、検体搬送装置

接続機種     

ケミルミADVIA Centaur XP、XPT、イムライト 2000 XPi
ディメンションRxL Max / EXL LM / EXL 200

同時接続機種数              

3機種(同一機種×3接続も可能。ただし、ケミルミADVIA CentaurXP、

XPT2台を接続した場合、他の機種は接続できません。)

検体用試験管     

直径12~16mm、高さ75~100mm

検体同時搭載数

208検体 (50検体搭載ドロワー×4+スタットドロワー8検体)

STAT検体

任意のドロワーをSTAT用に設定可能

検体モニター

検体の状況を各ドロワー内で色別表示 

8検体分のSTATドロワー及び通常のドロワーをSTAT用に設定可能

再検

自動再検に対応

対応フォーマット  

Code39, Code128, NW7, ITF   

検体ラック

バーサセル専用ラック、日立ラック
(日立ラックを使用する際は専用ラックフォルダが必要です)

オペレーションシステム  

Microsoft Windows 7 64bits

モニター

22インチ、フラットスクリーンモニター(解像度:1680×1050、タッチスクリーン)

外部インターフェイス

RS232-C(Dsub9-M)

10/100BaseT Ethenet (RJ-45)

モデムV34-56K

寸法              

178(高さ)×127(幅)×104(奥行)cm
※インターフェイスホイールを接続する場合1台につき横幅が25cm広がります

重量

249kg

電源

100VAC, 50/60Hz, 8A

認可

CE, UL, CUL