女性の笑顔を守る、という使命。次世代の女性医療実現に向けたパートナーシップ

社会医療法人博愛会 相良病院(鹿児島市)とSiemens Healthineersは手を取りあい、ともに歩んでいくことになりました。女性一人ひとりに合う、不安や痛みが少ない検診はもちろん、がんや疾患をできるだけ早く見つけ、治療し、笑顔あふれる生活に戻れるように。

女性の笑顔を守ること―――
これは、その人だけでなく家族や友人、同僚や親せきまでまわりにいる多くの方の笑顔を守ることにもつながります。私たちはそのためにできる限りの知識や経験を生かし新しい女性医療の確立のために、ともに手をたずさえてまいります。


パートナーシップ契約提携

次世代の女性医療実現に向けたパートナーシップ締結

Siemens Healthineersは、社会医療法人博愛会 相良病院(鹿児島県鹿児島市)と、最先端の乳がん治療などを行う女性医療センターの設立・運営に関してパートナーシップ協定を締結しました。2015年5月14日には、Siemens Forum(Siemens Healthineers本社内)で報道関係者を対象とした共同記者発表会を開催し、パートナーシップの内容や両社が目指す次世代の女性医療について紹介しました。
今回のパートナーシップは、高機能・高品質な医療機器・サービスにおいて豊富なグローバル実績及び知見をもつSiemens Healthineersとの間で、共に日本発の先進女性医療のロールモデルを創り上げたい、という理念が一致し実現しました。
相良病院は、2013年乳がんの手術症例数が616件と国内有数の実績を誇り、2014年8月には乳がん領域における「特定領域がん診療連携拠点病院」に全国で初めて指定された医療施設です。新病院は2018年に竣工予定で、女性医療のコミュニティの場として地元の方々や専門家が集うことができる共有スペースを設けるなど、地域活性化による街づくりも目指す非常に大きなプロジェクトとなります。
Siemens Healthineersは、相良病院が建設する乳がんを中心とする女性医療専門の新病院に早期発見から診断、治療、そしてアフターケアに至るまでの最適な医療機器や包括的なソリューションを一括提供し、相良病院と共に、今後さまざま活動を行っていく予定です。

2021年8月6日、さがらウィメンズヘルスケアグループ(鹿児島市)は、宮崎市にあるさがら病院宮崎の機能を移転・拡張する計画を発表しました。新病院は2024年秋に竣工の予定です。

Collaboration Meeting

相良病院とSiemens Healthineers のコラボレーション活動について共有し、次年度への思いを新たにする恒例行事です。

パートナーシップ活動