ARTIS one Edition X

ARTIS one Edition XTrue universality in cardiovascular imaging

ARTIS one Edition Xは最適な循環器疾患治療のための柔軟性と機能を兼ね備えた、真のユニバーサルアンギオグラフィシステムです。医療現場と病院経営におけるニーズに対応し、患者に優れた価値をご提供します。

 

特長

ARTIS one Edition XのCアームは、複数の可動軸が独立して回転・駆動するため、柔軟性に富んだポジショニングを可能にします。これにより、手技に応じた医師の立ち位置に合わせ、ほぼあらゆる撮影部位に容易にアーム位置を設定することができます。また、長手方向に210cm、横手に最大190cmの撮影エリアを誇るCアームが、頭部から足先までカバーし、シャントなどの腕の撮影においても患者の位置を動かすことなく全身の撮影を可能にするため、患者にとって負担の少ない検査・治療を実現します。


ARTIS one Edition X

テーブルサイドに設置されているコントローラは、直観的な操作が可能です。手元のコントローラの操作画面がモニターに表示されるため、医師は目線を大きく動かすことなくCアームの手元操作や手技に集中することができます。

HeartSweep

LCAまたはRCAの診断に必要な複数のビューを1回の造影、1 回の撮影で得られます。二軸を同時に制御する高度なソフトウエアにより最適な軌道が得られ、造影剤量と被ばくの低減に寄与します。  *オプション


State-of-the-art technology

ARTIS one Edition X は、世界で5,000台を超える導入実績を誇るArtis zeeシリーズで採用されている「MEGALIX Cat Plus」X線管を搭載しています。また、CLEARテクノロジーによるリアルタイム画像処理との組み合わせにより、クラス最高レベルの画像クオリティを提供することが可能となります。

 

さらに、医師と患者の被ばくを最小限に抑えるために、様々な被ばく低減機構を複合的に組み合わせることで効果的な低線量化を実現するシーメンス独自の被ばく低減プログラム「CARE」(Combined Applications to Reduce Exposureの略称)により、トレードオフの関係にある低被ばくと高画質を高次元で両立します。


Small footprint, large returns

ARTIS one Edition X は、一般的に懸垂式Cアームに比べポジショニングの柔軟性が劣るとされる床置式Cアームを採用しながら、懸垂式とほぼ同等のポジショニング能力を誇ります。しかも必要とされる設置面積はわずか25㎡ です。これは従来の懸垂式Cアームの設置に必要とされる45㎡ * に比べ、設置スペースの大幅な削減を可能としています。

 

* 自社比