アラスタット3gAllergy*
アレルギーに悩む患者様の適切な診断と治療をサポート

アラスタット3gAllergy*
アラスタット3gAllergy*
 
お問い合わせ

特徴・原理

定量範囲が0.1~500 IUA/mLに広がりました

  • 悪化因子の特定に
    アトピー性皮膚炎等、患者様の特異的IgE抗体濃度が全体的に高く定量値を得られなかった症例において悪化因子の特定に役立ちます。
  • 広いデータ分布範囲
    データの分布範囲が広いため、経時変化においては特異的IgE抗体価の変更幅が大きくアレルギー患者のモニタリングに有用です。
  • 少ない希釈再検率
    希釈再検率が大幅に削減され、検査効率が向上します。また、希釈による測定誤差の影響を回避できます。

イムライト2000システムは、酵素増幅を利用した化学発光酵素免疫測定法(CLEIA法)で、従来の化学発光に比べて検出限界をより低くすることができます*1(表1)。1つの免疫統合で数千の光子が放出されるため、複数回の読み取りが可能になりより正確な低濃度域の測定値が得られます。

方法検出限界(zmol)*2
酵素免疫測定法50,000
ヨウ素125(125l)放射免疫測定法1,000
蛍光酵素免疫測定法1,000
化学発光免疫測定法800
酵素増幅を利用した化学発光酵素免疫測定法1

 

表1:イムライト2000システムは、酵素増幅を利用した化学発光酵素免疫測定法(CLEIA法)で、従来の化学発光に比べて検出限界をより低くすることができます。

*1 Kricka, LJ Principles of immunochemical techniques. In: Burtis CA, Ashwood ER, editors. Tietz textbook of clinical chemistry. 3rd ed. Philadelphia: WB Saunders; 1999. p. 218
*2 ゼプトモル=10の-21乗モル量

測定原理

図の左から、

  1. 血清とアレルゲン試薬をリガント固相化ビーズとインキュベートします
  2. 血清中の抗体と反応した液状アレルゲンは、リガント固相化ビーズ上に結合します
  3. 抗体標識物が血清IgE抗体と反応します
  4. 基質を添加することによって、化学発光反応が開始されます

液相アレルゲン技術

独創的な液相アレルゲン技術
ビオチン結合特異抗原(液相アレルゲン)の製造プロセス

製造に用いる原料アレルゲン①はSDS-PAEG、Western Blot、Mass Spectrometric Analysisの手法によりアレルギー患者の陽性血清と十分反応することが確認されています。
活性化高分子ポリマー②と原料アレルゲン、およびビオチン結合ポリリジン③を反応させます。

反応後の混合物をゲルクロマトグラフィー④により、分離同定することで精製されたビオチン結合特異抗原(液相アレルゲン)⑤を取り出します。

この液相アレルゲンは、ストレブトアビジン固相化ビーズと結合した後でも3次元に自由に回転することができるため、立体障害による患者血清中の特異的IgE抗体との反応阻害を受け難いという利点があります。


このページをシェアする

関連製品・サービス情報

*シーメンス・イムライズ アラスタットIgEⅡ
承認番号: 21700AMY00200000 
認証番号: 222AIAMX00001000