ラピッドラボ 348EX 血液ガス分析装置小型、省スペース、静音設計で設置場所を選ばない

ラピッドラボ 348の後継機種が誕生しました。

血液中の血液ガス、電解質だけでなく透析液の電解質も測定します。簡単な操作で正確な濃度管理が求められる透析液の電解質測定を、必要な時に直ちに報告可能な、中小規模検査室向けの血液ガス分析装置です。

特長

コンパクト設計

  • ガスボンベ内蔵によるコンパクトボディ、場所を選ばずに電源ひとつで設置可能

使いやすさを追求

  • カラータッチスクリーン採用
  • バーコードスキャナー標準装備
  • USBポート搭載
  • 較正ガスは取付・交換が簡単なガスカートリッジを採用
  • スクリーンのアイコンをタッチするだけで通常モードから透析モードへ切り替え可能

検査効率の向上

  • シンプルな流体系を採用し、メンテナンスの手間を軽減
  • 最小検体量わずか50μLで全項目測定可能
  • 透析液の電解質測定も簡単操作、結果は約60秒で報告されます
  • ラピッドコムデータマネジメントシステムに対応し、院内に点在する複数の血液ガス分析装置を遠隔から一元管理

測定項目

実測項目

単位

測定範囲

pH

pH

6.001 – 8.000

pCO2

mmHg

5.0 – 250.0

pO2

mmHg

0.0 – 749.0

Na+

mmol/L

80 – 200

K+

mmol/L

0.50 – 9.99

Ca++

mmol/L

0.20 – 5.00

Cl

mmol/L

40 – 160

ct

%

12 – 75

演算項目

測定範囲

分解能

O2SAT

%

0.0 – 100.0

O2CT

mL/dL

0.0 – 40.0

HCO3– act

mmol/L

0.0 – 60.0

HCO3– std

mmol/L

0.0 – 60.0

ctCO2

mmol/L

0.0 – 60.0

BEb

mmol/L

-29.9 – 29.9

BEecf

mmol/L

-29.9 – 29.9

pO2 (A-a)

mmHg

0.0 – 749.0

pO2 (a/A)

mmHg

0.00 – 1.00

pO2 / FIO2

mmHg

0.00 – 5.00

Ca++ (7.4)

mmol/L

0.20 – 5.00

Anion gap

mmol/L

-60.0 – 60.0

pH (T)

pH

6.001 – 8.000

H+ (T)

mmol/L

10.0 – 997.0

pCO2 (T)

mmHg

5.0 – 250.0

pO2 (T)

mmHg

0.0 – 749.0

pO2 (A-a) (T)

mmHg

0.0 – 749.0

pO2 (a/A) (T)

mmHg

0.00 – 1.00

ctHb (est)

g/dL

2.0 – 25.0

仕様

サンプル

 

サンプルタイプ

全血、透析液

検体量

95μL
マイクロサンプル:50μL
透析モード240μL

分析時間

結果表示まで約60秒

較正

自動または任意

入力値

 

体温

10.0 °C – 43.9 °C

ヘモグロビン

2.0 – 25.0 g/dL

FIO2

15.0% – 100.0%

患者/オペレーターID

Up to 16 characters (alphanumeric)

ディスプレイ

 

インターフェイス

カラータッチスクリーン

機載コンピューター

 

保存容量

患者データ:最大250検体
QC:各レベル最大90テスト

データ出力

USBメモリーへの保存
LIS/HISまたはRAPIDComm

接続オプション

 

シリアル

RS232, LIS2, LIS3 プロトコル

USBポート

Standard USB 2.0

バーコードリーダー

Standard USB 2.0

寸法

(バーコード無)

38.5cm

奥行

35.3cm

高さ

38.2cm

重さ

9.4kg

電力条件

 

電圧

100V(85 – 110V)
120V(102 – 132V)
220V(187 – 242V)
240V(204 – 264V)

電力定格

80VA

周波数

50/60 Hz

使用環境条件

 

温度

15 °C~32 °C

湿度

5%~85%、結露無し

気圧

400~825 mmHg

届出番号

13B1X10041000028