syngo TrueFusionIntegrated efficiency in TEE guidance

お問い合わせ

ACUSON SC2000 Prime のTrue Volume TEE は、リアルタイムに心臓の形状・血流情報や心機能を表示して心構造疾患(SHD)の治療をサポートします。

SHD に対する経カテーテル的治療では、治療対象部位へのデバイスのナビゲーションはX線透視画像を頼りに進められます。

新たに開発されたsyngo TrueFusion は、先進技術True Volume TEE による情報をX線血管撮影装置 Artis シリーズへ送信。治療に関連する解剖学的および機能的ランドマークを透視画像上へ容易に表示できます。

特長

  • eSie Sync は、X 線血管撮影装置Artis シリーズと超音波画像診断装置ACUSON SC2000 PRIME から得られる情報の統合を実現します。経食道プローブを自動認識するアルゴリズムにより、簡便に同期が行えます。
  • ランドマークは、ACUSON SC2000 PRIME 本体で直接マークキングすることが可能、かつ、Artis シリーズに送信し透視画像との重ね合わせることもできます。
  • 弁構造自動解析機能 eSie Valves により、大動脈弁と僧帽弁の解剖学的構造はモデル化され、透視画像と融合できるよう自動でランドマーク化されます。
  • TEEと透視画像の向きを同期させることにより、治療チーム内の相互理解は促進され、ワークフローの向上が期待されます。

クリニカル情報


  • syngo TrueFusion は、より直感的に解剖学的な方向認識を可能にするため、高度な治療のラーニングカーブの短縮に貢献します。
  • TEE画像と透視画像の向きを同期させることでワーキングアングルを決定することができ、透視時間の短縮と造影剤量の低減が期待されます。
  • eSie Valves によって解析された構造モデルと、関連する構造体との融合により、精度の高いデバイスの位置決めをサポートします。



General Requirements

  • Artis Q.zen
  • Artis zee i series
  • Artis zee PURE series
  • Artis Q
  • ARTIS pheno
  • Artis Q.zen
  • Artis Q

syngo Application Software: VD2

Please note: Additional technical prerequisites may apply. Upon receiving your request, your local Siemens representative will clarify whether your system meets the requirements.