AI技術によりCT画像を用いた新型コロナウイルス感染症の解析をサポートする臨床研究用ソフトウェアの提供を開始

東京|2020/05/18

Siemens Healthineers(ドイツ・エアランゲン)は、CT画像を用いた新型コロナウイルス感染症(以下COVID-19)の解析をAIの技術によってアシストする臨床研究向けのソフトウェア* を開発し世界中の医療施設へライセンスの提供を開始いたしました。これを受けて、シーメンスヘルスケア株式会社(東京都品川区、代表取締役社長: 森 秀顕 以下、シーメンスヘルスケア)は、 このソフトウェアを用いて日本国内のユーザーとの共同研究を開始することとなりました。**

このCOVID-19用解析ソフトウェアは、ディープラーニング(深層学習)技術を用いて開発したAIソフトウェアをベースに肺炎の画像解析に特化して開発を進められたものであり、胸部CT 画像から肺炎に共通して現れる肺の異常パターン、すなわち「すりガラス陰影(GGO)」や 「浸潤影(consolidation)」を自動的に検出・定量化します。

 

CT画像を用いたCOVID-19の解析をAI技術によってアシストする臨床研究向けソフトウェア
図:解析の流れ

Siemens Healthineersは、1990年代から医療におけるAI技術開発に携わっています。マシンラーニング(機械学習)では600件以上、最新のディープラーニングでは125件の特許を取得しており、すでに45を超える製品やソリューションにAI技術が生かされています。今回のソフトウェアの提供は、Siemens Healthineersがグローバルで注力しているAIによる画像解析技術をCOVID-19の拡大抑制の一助として有効活用されるよう医療現場を支援していきたいという願いによるものです。また、ソフトウェアをお使いいただいた医療機関からフィードバックを得ることで、当社はAI技術のさらなる高度化を図り、医療サービスの一層の向上に役立ていく予定です。

* 本ソフトウェアは研究用に開発されたプロトタイプであり、臨床における診断には使用できません。
** 本ソフトウェアを用いた研究には、シーメンスヘルスケアの画像解析ソリューション「syngo.via」、「syngo.via Frontier」、または医療クラウドプラットフォーム「teamplay」が必要となります。



シーメンスヘルスケア株式会社
コミュニケーション部 勝谷
03-3493-5208 Email