新型コロナウイルスの感染拡大に関して

CEOステートメント
エアランゲン, ドイツ|2020/03/19

皆様、

今回の新型コロナウイルスに罹患された方々、その関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。

当初は、特定の地域に限定されたものと思われていましたが、異例の速さで世界的なパンデミックへと拡大していきました。この新型コロナウイルスの感染拡大は、世界中の社会に課題を突きつけると同時に、私たち一人ひとりが「健康」とは何かを問うきっかけとなりました。これに際し、約53,000人の当社従業員は、かつてないほど真摯に私たちの使命に取り組んでいます。それは、患者のために最善のケアが提供できるよう、いつ、どこにいても医療に携わる方々をサポートするというものです。

感染発覚の初期段階から、中国の現地チームは並外れた結束力を見せてくれました。医療現場で必要とされる画像診断装置を、何百キロも離れた病院へ一晩のうちに納入したのです。中国工場では、困難な状況においても操業を続けるために何が必要であるかを学びました。とりわけ従業員が迅速に対応し、私たちのバリューを体現したことで、現在まで事業活動は全般にわたって順調です。また、画像診断装置への急激な関心の高まりも見られます。

私たちのCT装置は、特に人工呼吸器をつけて集中治療室にいるような、肺や呼吸器に疾患を抱える患者をスキャンし、必要な治療が提供されているのを確認する目的で使用されています。同時に、X線撮影装置や超音波診断装置は、疾患を抱える人に対し、ケアのプロセス全般で用いられています。これら装置はもとより、人工呼吸器をつけた患者をモニタリングする血液ガス分析装置は、感染または発症した人がいる所どこでも利用でき、迅速で信頼されるケアの提供を可能にします。私たちは日々、人工知能(AI)に基づくアルゴリズムなど、最新のツールを用いてさらなるイノベーションに取り組んでいます。将来的には、これらAIのアルゴリズムによって、肺のどの組織に影響が出ているかをいち早くCT画像で見つけることができるようになるでしょう。加えて、私たちのデジタルサービスは、医療スタッフがどこにいても当社システムを安全かつ効率的に遠隔操作できるよう、サポートします。そして、感染のリスクなく、汎用性の高い分析装置による新型コロナウイルス(SARS CoV-2)検査の開発にも貢献するでしょう。

人々がより健康で長生きできるようにイノベーションを推進するという私たちの願いは、かつてないほど意義深いものになっています。私たちは、医療に携わる人々をサポートするパートナーとして、日々精進しています。さらに、世界中の政策立案者や医療提供者と密接に連携し、世界中の人が可能な限りベストな医療サービスを享受できるよう、取り組んでいます。人々の助けとなることは、120年以上にわたって私たちが目指してきたことです。そして、今も、これからも、その想いが変わらないことは確かです。

ベルンド・モンターク