透視装置の今-私たちの考える透視装置とは-Doctor’s eyeLUMINOS Session interview- 滋賀県立総合病院

2020/06/29

滋賀県立総合病院は28の診療科を有する535床のがん診療拠点病院で、8つの高度医療センターを有しています。年間総手術数は8000件を超える地域の中核病院です。こちらではX線透視装置LUMINOS Session シリーズ(以降LUMINOSと表記)を3台ご使用されていますが注目すべきはその運用の多様性です。滋賀県立総合病院様での透視装置の在り方についてお話を伺いました。

消化器内科科長 兼 内視鏡部部長 松村 和宜 先生

<LUMINOS導入データ>
1台目:2016年9月 消化器センター
2台目:2018年3月 放射線部 透視室
3台目:2018年11月 放射線部 一般撮影室