エンザプレートLSD研究用試薬

本試薬はファブリー、ポンペ、ゴーシェ、MPSⅠ、MPSⅡの原因酵素の活性を測定する研究用試薬*です。

*疾病の診断若しくはその補助の目的で使用することはできません。

お問い合わせ

検査時間・導入コストの縮小

  • 4時間以内で測定可能、5時間以内に結果判定も

ろ紙からの血液より成分を抽出し、5プレートに分取
各基質で酵素反応後、蛍光物質、結合反応、蛍光強度測定
(約3時間半/ 各プレート1枚)

  • 測定作業が簡単

酵素法の測定系のため、抽出液、基質溶液、反応停止液を分注するだけ

  • 蛍光プレートリーダーによる測定

キットの特長(各500テスト用)

● ろ紙血液1パンチで5項目測定可能
● ろ紙血液打ち抜きから解析まで5時間
● 基質、基質溶解液などを含む一体化パッケージ
● 酢酸エチルなどの有機化合物不使用

基質バイアル(基質を含む凍結乾燥品)

各項目 5本

基質溶解液

各項目 1本(27mL)

基質補助試薬

ポンペ、MPSⅡのみ 1本(0.7mL)

標準バイアル(4MUを含む凍結乾燥品)

2本

【別売】コントロールろ紙血液(3濃度)

5枚×各2スポット

新生児マススクリーニング用測定試薬:エンザプレートLSD
ファブリー病原因酵素α-ガラクトシダーゼA(GLA)酵素活性測定キット
ポンペ病原因酵素酸性α-グルコシダーゼ(GAA)酵素活性測定キット
ゴーシェ病原因酵素グルコセレブロシダーゼ(GBA)酵素活性測定キット
MPSⅠ病原因酵素α-L-イズロニダーゼ(IDU)酵素活性測定キット
MPSⅡ病原因酵素α-L-イズロン酸-2-スルファターゼ(IDS)酵素活性測定キット