Advanced SPECT/CT Reconstruction

最新の画像再構成技術を採用し、CT画像を様々な形で画像再構成に組み込むことで、体内の放射線の減弱、散乱、幾何学的な分解能低下を補正し、臨床上さらに有用な情報を提供します。

お問い合わせ

Flash3D

Symbia_Intevo_1

Flash3DはSPECTのコリメータによるボケ補正を含めた3D-OSEM画像再構成を行います。体幹部、心臓など部位の制限なく再構成が行えます。S/Nが向上するため、短時間収集データに対する画像再構成としても有効です。
Flash3Dでは 全てのパラレルホールコリメータ/全ての核種/全てのデータ収集(円軌道・自動近接軌道) において利用可能です。

CT Attenuation Correction

Symbia_Intevo_2

CT画像から線源弱係数マップ(μ-map)を自動作成し、再構成時に減弱補正を行います。核種情報からエネルギーは自動選択され、複数エネルギーピークにてデータ収集されている場合にはピーク毎にそれぞれのμ-mapを作成して補正適用します。
再構成の設定にてAttenuation Correctionチェックボックスに設定チェックすることで、CTデータから補正を自動的に実施します。

 

Scatter Estimation

Symbia_Intevo_3

Scatter Estimationは散乱線補正を3D-OSEMの逐次近似ループ内で実施する機能です。再構成処理の設定にてScatter Estimationチェックボックスに設定チェックしておくと、収集データのエネルギーウインドウから散乱成分の推定を行い、補正を逐次近似ループ内で自動的に実施します。
注)プロジェクションデータにおけるサブトラクションによる散乱線補正は、標準機能に含まれます。