ディメンション EXL 200
臨床化学小型自動分析装置

ディメンション EXL 200
 
お問い合わせ

化学発光技術LOCI 搭載、先進技術を集約した臨床検査システム

4つの技術を搭載
・LOCI 法(ホモジニアス化学発光技術)
・ヘテロジニアスモジュール
・フォトメトリー
・電極法(QuikLYTE IMT)

24時間あらゆる検査を簡単に
・採血管をそのままセットし、RUNボタンを押すだけ
・オペレーターによる試薬調整は不要
・機器の立ち上げ、終了操作は不要

ディメンション EXL200 小型臨床化学自動分析装置
ディメンション EXL200 小型臨床化学自動分析装置
ディメンション EXL200 小型臨床化学自動分析装置
あらゆる検査を簡単に

特長

LOCI 法

  • ホモジニアスな測定系
  • 発光試薬不要
  • 分離、洗浄ステップ不要
  • 反応時間の短縮
  • 優れた精密性と正確性
  • 微量検体量

測定原理

LOCI法は、2種類ラテックス試薬(ストレプトアビジン結合センシビーズ、特異抗体結合ケミビーズ)とビオチン化抗体を利用します。検体中の目的物質と反応し、複合タイを形成すると2種類のビーズが接近した状態になります。680nmの光の照射により、センジビーズは一重項酸素を発生し、ケミビーズと反応し、612nmの光を発します。

クロット検出機能 - 検体吸引時のつまりを検知するクロット検出機能

  • エラーフラグ:検体のつまりをフラグでお知らせします
  • クロット検知圧力変換ボード:検体吸引時の圧力モニタリングにより、つまりを検知します

 

QCC パワーパック - 効率化をサポートするユーザーインターフェース

  • バーコードによるキャリブレーター情報の自動入力
  • キャリブレーションとQCアラートのグループ化によるキャリブレーション自動承認
  • USB メモリーへのデータ保管

 

測定項目

一般生化学

ALB アルブミン(BCP法) ALB アルブミン(BCP改良法)
BUN 尿素窒素(アンモニア未消去法) BUN 尿素窒素(アンモニア消去法)
CRE クレアチニン(酵素法) TP 総蛋白
UA 尿酸(ウリカーゼUV法) UA 尿酸(ウリカーゼPOD法)
T-Bil 総ビリルビン(ジアゾ法) T-Bil 総ビリルビン(化学酸化法)
D-Bil 直接ビリルビン(ジアゾ法) D-Bil 直接ビリルビン(化学酸化法)
BSまたはGLU グルコース TG 中性脂肪(グリセロール消去酵素法)
TG 中性脂肪(グリセロール非消去酵素法) Fe
TIBC 総鉄結合能(前処理無) Mg マグネシウム
IP 無機リン(モリブデン酸・UV法) IP 無機リン(酵素法)
Ca カルシウム TC 総コレステロール(CO・DEA-HCL/AAP法)
TC 総コレステロール(CO・HMMPS法) HDL-C HDLコレステロール(直接法)
LDL-C LDLコレステロール(直接法) HbA1C ヘモグロビンA1C
ZTT 硫酸亜鉛混濁試験 PL リン脂質
β-LP β-リポ蛋白 UCFP 尿髄液タンパク
LA 乳酸 MALB  ミクロアルブミン

酵素

ACP  酸性フォスファターゼ    
ALP アルカリ性フォスファターゼ
(JSCC標準化対応法)
ALP アルカリ性フォスファターゼ
(IFCC標準化対応法)
AMY アミラーゼ
(JSCC標準化対応法)
AMY アミラーゼ
(G3CNP法)
AST アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ
(IFCC標準化対応法)
AST アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ
(JSCC標準化対応法)
ALT アラニンアミノトランスフェラーゼ
(IFCC標準化対応法)
ALT アラニンアミノトランスフェラーゼ
(JSCC標準化対応法)
CK クレアチンキナーゼ
(クレアチンリン酸・UV法)
CK クレアチンキナーゼ
(JSCC標準化対応法) 
CK クレアチンキナーゼ
(IFCC標準化対応法)
CKMB

クレアチンキナーゼアイソザイム
(免疫阻害法)

γ-GTP ガンマグルタミルトランスフェラーゼ
(IFCC標準化対応法)
γ-GTP ガンマグルタミルトランスフェラーゼ
(JSCC標準化対応法)
LDH 乳酸脱水素酵素
(IFCC標準化対応法)
LDH 乳酸脱水素酵素
(L→P UV法)
LDH 乳酸脱水素酵素
(JSCC標準化対応法) 
LIP リパーゼ
ChE コリンエステラーゼ
(ヨウ化5・メチル-2-テノイルチオコリン基質法)
ChE コリンエステラーゼ
(プチルチオコリン法) 
ChE コリンエステラーゼ
(JSCC標準化対応法)
LAP ロイシンアミノペプチターゼ 

電解質

Na ナトリウム  K カリウム
Cl クロール  ECO2 重炭酸塩 

血中薬物

DIG ジゴキシン  PB  フェノバルビタール 
PHT  フェニトイン  THE  テオフィリン 
CBZ  カルバマゼピン  GM  ゲンタマイシン 
TOB  トブラマイシン  VCM  バンコマイシン 
VPA  バルプロ酸  DGTX ジギトキシン 
CsA  シクロスポリン  CsA  シクロスポリン高域用 
Li  リチウム  NAPA  Nアセチルプロカインアミド 
PA プロカインアミド  LIDO リドカイン 
Tac タクロリムス

EVR

エベロリムス (開発中)
MPA ミコフェノール酸SIROシロリムス(研究用試薬) *
MTX メトトレキサート※  

* 研究用試薬のため、体外診断用医薬品として使用できません。
※オープンチャネル対応

血漿蛋白

CRP C反応性蛋白  IgG 免疫グロブリンG 
IgA 免疫グロブリンA  IgM  免疫グロブリンM 
C3  補体蛋白 C4 補体蛋白 
Tf トランスフェリン  Pre  プレアルブミン 

ホルモン

T4 サイロキシン TU T3アップテイク
TSH 甲状腺刺激ホルモン FT4 フリーT4
FT3 フリーT3 HCG ヒト絨毛性ゴナドトロピン

太字:LOCI

特殊・凝固

NH3 アンモニア ACTM アセトアミノフェン
ETOH エタノール SAL サリチル酸
FERR フェリチン FDP
ATⅢ アンチトロンビンⅢ ※ D-DIMER d-ダイマー ※
FPSA フリーPSA TPSA トータルPSA
B12 ビタミンB12 FOLA 葉酸

※オープンチャネル対応

心疾患関連マーカー

LTNIトロポニン I BNP BNP
TNIH高感度トロポニン I NT-proBNP NT-proBNP
MMB マスCKMB MYO ミオグロビン
CCRP 高感度C反応性蛋白    

太字:LOCI

2019年2月現在

仕様

概要 
処理能力624テスト/時間:
437テスト/時間(フォトメトリー)+187テスト/時間(電解質)
167テスト/時間:イムノアッセイ
同時搭載項目フレックスカートリッジ44項目+電解質3項目
検体 
検体用試験管5mL, 7mL, 10mL採血管、1.5, 1.0mLサンプルカップ、微量カップ
検体同時搭載数60検体(10検体×6セグメント)
検体モニター溶血、乳ビ、黄疸の検体情報をモニター
STAT検体60検体搭載可能
バーコードCode39、Code128、Codabar USS(NW7)、インターリーブド2 of 5
自動再検元検体からの自動再検
自動希釈元検体からの自動希釈測定
自動リフレックステスト初検結果に基づき自動測定
サンプルプローブ検体量検知、クロットチェック、検体量不足検知
マイクロボリュームテクノロジー
自動希釈機能1:1.6~1:200 尿検体自動希釈
検体量2-60μL
平均試薬量80-120μL/テスト
最大保管試薬量平均12,600テスト、最大16,650テスト
反応エリア 
フォトメーターフィルターホイールに光学フィルターを装備
(293nm, 340nm, 383nm, 405nm, 452nm, 510nm, 540nm, 577nm, 600nm, 700nm)
光源タングステンハロゲンランプ
分析方法エンドポイント法、レート法、多点ポイント、
ヘテロジニアス免疫測定法、比濁法、電極法、LOCI 法
反応時間3, 4, 5, 10, 15, 21分
自動修正機能血清ブランク、空キュベットブランク、試薬ブランク、測定ポジションブランク、自動希釈
試薬 
試薬トレイ44ポジション
搭載数フレックスカートリッジ44、電解質3
分注システム2プローブ(レベルセンス機能付き)
試薬容器バーコード付フレックスカートリッジ、15-250テスト/フレックス
試薬在庫管理残テスト数、ロット、使用期限モニター
オンボードスタビリティー最大30日まで
オープンチャネル 
チャンネル数10
電解質
 
電解質Na+, K+, Cl- を測定
検体量40μL 3項目
初期化自動プライム、ユーザーによる較正の必要なし、尿検体は自動希釈1:10
IMTセンサー使用期限1,000検体もしくは5日
処理速度187テスト/時間、62採血管/時間
較正/QC 
較正間隔最大90日まで、ソフトウェアによる管理
自動較正/自動QCユーザーによる設定
較正/QCデータの確認キャリブレーション、QCカーブの図示
データ管理 
コンピューターLinux システム、1GB RAM、17インチタッチスクリーンモニター
装置付属文書オペレーターマニュアル、オンライン仕様書
インターフェースRS232C 双方向
データ保管100,000テスト(10MB)、100,000QC結果(10MB)、9,000較正結果(5年間、18MB)
ホストクエリASCⅡ
仕様 
水質溶存酸素量 5~8ppm、消費量 最大5L / hr、水温35℃未満、
抵抗率10メガオーム・cm以上、細菌含有量10CFU / mL以下、
システムへの給水ライン366cm以下、排水ドレイン最大40L / hr
寸法幅142cm × 奥行104cm × 高さ124cm(モニター除く)
重量349 Kg
作動ノイズ75dBA 未満(作動中機器から1m)
平均発熱量3,753 BTU / hr
周囲温度18-30℃
電源AC100V±10V  50 / 60Hz, 20A
届出番号13B1X10041001021

このページをシェアする

関連製品・サービス情報