Clinical Insights of the Experts
第一線で活躍される先生方による『SOMATOM CTの臨床的有用性に関する解説動画』

Low kV imaging

伊東先生
造影ダイナミックが必須の腹部CTにおいても、今後は造影剤投与量の低減と低被ばくを実現できる高精細CT撮影が主流となっていくものと考えます。 山口大学大学院医学系研究科 放射線医学講座 教授 伊東 克能 先生

専門分野: 腹部画像診断
資格  : 放射線診断専門医、PET 核医学認定医、肺がんCT 検診認定医

Tin filter technology

鳥居先生
肺がんの対策型検診、低線量CT肺がん検診、精密検査、検診の精度管理についての研究を行っています。 東京都がん検診センター 呼吸器内科 医長 鳥居 陽子 先生

専門分野: 呼吸器内科画像診断 肺がん検診
 

岡田先生
画像を用いて病態を考え、画像を武器に病気を治療しています。最新の技術を駆使することで、各種疾患に対する新たな知見を世界に向けて発信しています。 山口大学医学部附属病院 放射線部 准教授  岡田 宗正 先生

専門分野: 心大血管診断、IVR
資格: 放射線診断専門医、日本IVR 学会専門医、日本脈管学会認定脈管専門医、臨床研修指導医