TAKUMI Gallery 18
群馬県立がんセンター|応募者:堀越 浩幸 様

【装置名】MAGNETOM Avantofit 【バージョンアップ実施】2016年2月


画像のポイント:dynamic study、DWI、fusion画像で病変の範囲を同定可能で、周囲の脂肪層に腫瘤が接していることが分かる。

高精細のT2WIで周囲の脂肪層に索状影を認め、漿膜下層まで浸潤していることが判定できる (T3) 。

  • 症例:S状結腸癌術前精査
  • 所見:T2WI、dynamic study、DWI、fusion画像でS状結腸に全周生の腫瘤を認める
  • 使用オプション:Image Fusion