Biograph Vision
This is PET.

Place holder
Biograph Vision
 

圧倒的な検出精度、高い検査スループット、被検者ファーストの優しさ。
PET・CTに求められる画質、効率、優しさ、という3つの条件をこれまでとは次元の異なる高いレベルで連立させた、まさに「the PET」と呼ぶにふさわしい、新世代のシステムの誕生です。
そのコアテクノロジーはPMTをSiPM(シリコンフォトマル)へ変更し、更にデザインを一新。高い時間分解能と空間分解能によりイメージクオリティを向上し、加えて低侵襲で短時間検査を可能にします。

特長

新世代のPET空間分解能

クリスタルカッティングデザインを現行の4.0×4.0×20mmから等方性を保ちながら、3.2×3.2×20mmとさらに細分化。FBP画像再構成において3.7mm(Transverse,FWHM@1cm)の空間分解能を実現しました。PETスライス厚は1.6mm、画像再構成マトリクスは最大880x880。まさに新世代のPET空間分解能です。

新世代のTOF時間分解能

これまでの常識を超える214ps*1のTOF時間分解能を実現。5×5のミニブロック構造とライトガイドを排除した100%カバレッジのLSOアレイデザインに加え、クリスタル内で発せられる光を効率よく電気信号に変換するSiPMを搭載した新しいPET 検出器により実現しました。これにより、TOF Gain 6.2倍*2を達成し、高いSNRを実現します。

*1:自社データ
*2:直径 20cm 円 筒オブジェクトを対 象に算 出

CT画像での金属アーチファクト低減機能「iMAR」

PET・CT検査の読影では、PET画像よりもCT画像の読影に苦労されているケースも見受けられます。またPETの画像再構成における補正はCTの情報を使用します。
CT装置で普及している金属アーチファクトへの対応も重要な要素の1つです。iMARは金属により失われたジオメトリー情報とCT値を高い精度で復元することが可能です。また、対象とする金属やアーチファクトの種類、撮影部位に応じて、最適化された8種類の低減アルゴリズムを選択でき、 さまざまな臨床条件に対応することができます。

導入事例

大阪市立大学医学部附属病院
大阪市立大学医学部附属病院は、教育、地域医療、研究という重要な役割を担う施設です。また、大学病院では日本初の人間ドック施設をあわせ持つ施設でもあります。
同院では、2019年9月に、SiPM搭載PET・CT装置Biograph Vision(以下 Vision)を導入されました。
 

記事を読む

秋田県立循環器・脳脊髄センター
国内で初の導入施設となった地方独立行政法人 秋田県立病院機構 秋田県立循環器・脳脊髄センターを訪ね、木下 俊文 副病院長、茨木 正信 主任研究員、松原 佳亮 研究員、佐藤 郁 技師にBiograph Visionを選択された理由、性能評価、期待についてお話をうかがいました。
 

記事を読む

クリニカル情報

関連製品・サービス情報