アドレスのないヘルスケアを構築する

Stephen Klasko 医学博士、医療サービス提供の変革について語る
2020/03/12

Stephen Klasko 医学博士は、未来の医療を形づくるためには、まず現状を破壊することが必要だと考えています。Siemens Healthineers Executive Summit 2019において、医療のグローバル化を主張し、業界がリスクを負って患者中心の技術開発をすること、そして誰もが皆、どこにいたとしても、医療サービスにアクセスできる社会への変革を促しました。

ではなぜ、「アドレスのないヘルスケア」がケア提供の一歩先を進んでいるといえるのでしょうか?
インタビュー完全版ビデオをご覧ください(英語)



「破壊者」として知られるStephen Klasko博士は、医師の研修や採用方法に改革が必要だと言います。Thomas Jefferson大学が共感と自己認識に基づいて医学生を募集していることや、ヘルスケアの枠組みを超えた発想をするために、医学部と芸術学部の学生がコラボレーションしている例などを紹介しました。

患者一人ひとりはみな異なるため、いわゆる万能薬は存在しません。ですから患者は、パワフルな「医療の消費者」になる必要があります。なぜなら、消費者志向のケアには、ペイシェント・エクスペリエンスを向上させるというプラスの面があるためです。「実店舗」である病院自体が変革を遂げる必要もありますが、テクノロジーとAIがその影響力を増すにつれ、「アドレスのない医療」(healthcare with no address)も可能になっていきます。医療の進歩のためにはグローバル化は欠かせません。テクノロジーのグローバル化ももちろんですが、医師免許や資格のグローバル化も考えられます。


Stephen Klasko医学博士

Stephen K. Klasko医学博士は、医療についての先見性と創造性を兼ね備えたリーダーで、高等教育ならびに医療教育の変革を提唱しています。米国フィラデルフィアのThomas Jefferson大学とJefferson Healthは、国内で最も急成長を遂げている大学病院機構のひとつで、Klasko博士はそこで社長兼CEOを務めています。彼のリーダーシップのもと、Jefferson Healthは病院数を14にまで成長させました。2019年、Klasko医学博士氏は、世界経済フォーラムの”Future of Health and Healthcare”というプラットフォームの特別フェローに任命されました。


Siemens Healthineers Executive Summitは、ヘルスケアの変革について包括的に考えるため、著名なエグゼクティブを招いて開催された特別イベントです。