「サージ後のサージ」への対処 - パンデミック後のがんプログラムを成功させるための重要な戦略

InsightsシリーズVol.29: ECGマネージメントコンサルタントによるインタビュー

原文公開日:2022-01-19 

|2023-05-01

COVID‑19は、がん患者が必要なケアを求めることを妨げました。がんプログラムのバックログ(必要な医療が受けられていない患者の救済)計画が必要です。このホワイトペーパーは、ECGマネージメントコンサルタントによるインタビューに基づいています。全米の国立がん研究所に指定されたいくつかのがんセンターのリーダーからなるコンサルティングチームから提案された戦略は、がんプログラムがこの急増を乗り切れるように設計されています。

  • 患者の需要増加に対する準備
  • 患者の安全確保の準備
  • 慎重な臨床研究再開
  • 患者とのコミュニケーション強化による教育
  • 収益最大化のための財務管理システムの展開

スクリーニングにも影響がありました。米国では、2020年4月に乳がん、結腸がん、前立腺がん、肺がんのスクリーニングがそれぞれ最大 85%、75%、74%、56% 減少しました。組織病理学および細胞病理学の数も大幅に減少しました。ベルギーでは、2020年1月と2月に比べて2020年4月の検査室のサンプル数が72%少ないことが1つの研究で明らかになりました。