employee stories

「前向きに仕事をたのしむこと」をモットーに働いています!佐野 利紗さん

入社当初は、医療知識も製品知識もなく、一方、お客様はプロフェッショナルなので不安でいっぱいでした。製品知識、臨床知識は一朝一夕にはいかないので、お客様から聞かれて分からないことは持ち帰って社内の製品スペシャリストに聞き、内容を理解した上で、お客様にフィードバックするということを繰り返していきました。もちろん研修で基礎知識トレーニングはありますが、現場に出てからの方が、対話における必要最低限な知識や相手にとって有益な情報は何かなど、明確になることが多くありました。最近は、現場で身に着けた知識を使って顧客の課題を伺えることもあり、このやり方でいいんだと自信がついてきています。

佐野利紗さん
佐野利紗
営業なのでオーダーをいただけたときが一番やりがいを感じます。それに加え、会社として、お客様の方を向いているなと思えるところもやりがいに繋がっています。お客様の課題解決となる考え方を持っていますし、他社との差別化となるイノベーティブなアプローチや、新しいコンセプトを作っていける会社だなと感じることは多くあります。そのため、自社の製品を対話の中で評価いただけることも多く、本当に良い装置だと実感しながら自信をもって提案することができています。
まずは今期の営業目標達成、その後も継続していくことを目指して邁進していきます。現場経験を十分積み、いずれはマーケティングに携われる部署で営業経験を活かせる仕事がしたいです。そのために現場感覚を養っている最中です。