ACUSON Juniper

Everything you need, nothing you don't.

昨今、超音波検査を行う診療科や検査領域はさらに拡がっています。
ACUSON Juniper は、このような検査環境の変化にも1台で対応できるよう、様々な検査領域に柔軟にフィットするように設計されました。コンパクトながら診断に有用な優れたイメージングとハイエンドマシーンに搭載されているアプリケーションを備え、毎日の検査を強力にサポートします。

お問い合わせ

特長

ACUSON Juniper

1台で様々な検査に対応するため、ACUSON Juniperは装置のデザインと機能をセットにして設計しました。

  • Footprint
    軽量・コンパクトな本体は部屋の広さを問わず快適な検査をサポートし、院内も楽に移動できます。
  • Control Panel
    直感的な操作性を実現したボタン配置とカスタマイズキーが快適な操作環境を提供します。
  • Body
    5つのプローブポートを搭載し、スタンバイ機能を用いれば約5秒以内にOn/Off が可能です。
  • Design
    ケーブルホックは、移動時にタイヤにケーブルが巻き込む事故を防止します。また、サイドとバックには書類や備品を収納できるバスケットを備えています。
  • Transducers
    16種類のプローブと32種類の検査領域に対応しているため、1台で様々な検査目的に対応できます。
  • Image Quality
    どこの検査領域においてもバランスのよい高画質を目指しました。カラードプラはモーションアーチファクトを検出し、防止することで感度を保ったまま安定した明瞭な血流イメージを描出します。
  • Application
    肝線維化の定量評価に加え、ルーチン検査で必須となる心機能計測をワンボタンで自動計測する機能など、様々なアプリケーションに対応しています。

クリニカル情報