TubeGuard

X線管リアルタイムモニタリングサービス
Customer Services System Services Guardian Program including TubeGuard

CT装置においてX線管のトラブルはどのような場合でも深刻な影響をもたらし、ワークフローを中断します。SOMATOM Definition Familyより提供が開始されたTubeGuardとは、X線管の潜在的なリスクを早期発見、解析することにより管球の寿命を予測するサービスです。

TubeGuardでは、X線管に10のセンサーが搭載され、トラブルの原因となり得る要因を自動収集します。自動収集されたパラメータはスマート・リモート・サービスを通じて、リアルタイムでモニタリングされます。これらのパラメータは独自に開発したアルゴリズムにより定量的に解析され、発生するトラブルの内容や時期を予測します。
これにより、事前にX線管交換をスケジュールすることが可能になり、突然の検査の中断を最小限に留めることができ、また被検者の満足度向上にも貢献します。

 

Customer Services System Services Guardian ProgramTM including TubeGuard

現在の医療において、 CT 装置は最も重要な画像診断装置の1つであることは言うまでもありません。

臨床診断において重要であることはもちろん、救急患者のサポートにおいても重要であり、経営という側面から見た場合にも主要な検査収入源です。そのため、装置のダウンタイムを最小限に留めることが求められています。


TubeGuard は、ご使用されているX線管の潜在的なリスクを早期発見、分析することによってX線管の寿命を予測します。これにより、ご施設では事前にX線管交換をスケジュールすることが可能となり、検査の中断を最小限に留めます。ご施設にとっては突然の検査中止による再スケジュールを最小限に留めることができるとともに、被検者の満足度向上にも貢献します。

スケジュールされていた検査がX線管トラブルによって突然中止された場合、ご施設は貴重な検査収入機会を失います。しかし、TubeGuardでは計画的なX線管交換によって、ダウンタイムを短くするだけでなく、事前に検査スケジュールを変更することによって、検査収入機会の逸失を最小限に留めることができます。