JACLaS EXPO 2019
JACLaS EXPO 2019/日本臨床検査自動化学会第51回大会

JACLaS EXPO 2019
 

会期
10月3日(木) 13:00~17:30
10月4日(金)   9:00~17:30
10月5日(土)   9:00~14:00

会場
パシフィコ横浜 展示ホールA, B, C
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

出展ハイライト

検体搬送処理システム
免疫検査装置
免疫生化学統合システム
⾎液検査装置
尿分析装置
POC尿分析装置
糖尿病検査装置
⾎液ガス分析装置
POC Informatics
超⾳波画像診断装置
Automation
  • アプティオ オートメーション *
* 実機展示はありません
さらに詳しく
Immunoassay
  • ケミルミADVIA Centaur CP
さらに詳しく
Integrated Immunoassay and Chemistry Analyzers
  • Atellica Solution
  • ディメンション EXL 200
さらに詳しく
血液検査装置
  • アドヴィア2120i
  • アドヴィアオートスライド
さらに詳しく
尿分析装置
  • Atellica 1500 / Atellica UAS800
  • クリニテックノーバス / UA・ROBO-2000RFID 接続ユニット
さらに詳しく
POC尿分析装置
  • クリニテック ステータス プラス
  • クリニテック アドバンタス
さらに詳しく
糖尿病検査装置
  • DCAバンテージ
さらに詳しく
血液ガス分析装置
  • ラピッドポイント 500
  • ラピッドラボ 348EX
  • エポック
さらに詳しく
POC Informatics
  • POCcelerator ソフトウェア
  • ラピッドコム データマネジメントシステム
  • eel イール
さらに詳しく
超音波画像診断装置
  • ACUSON Juniper
さらに詳しく

出展品は予告なく変更となる場合があります。

共催セミナー

日本臨床検査自動化学会 第51回大会

ランチョンセミナー 8

  • 日時:10月4日(金)12:00~12:50
  • 会場:第8会場(パシフィコ横浜 会議センター3F 311+312)
  • 座長:康 東天 先生(九州大学病院)
  • 演題:海外の検査室で行われている尿検査と運用~韓国の事例~
    Atellica 1500 全⾃動尿統合型分析システムの評価と活⽤法を中⼼に
    Prof. Lee, Sangkuk(Severance hospital, Korea)

ランチョンセミナー 19

  • 日時:10月5日(土)12:20~13:10
  • 会場:第8会場(パシフィコ横浜 会議センター3F 311+312)
  • 座長:及川 信次 先生(独協医科大学病院)
  • 演題1:Atellica Solutionがもたらす検査ワークフロー改革~データ信頼性と迅速性の確保~
    大野 順司 先生(JR東京総合病院)
  • 演題2:未来を⾒据えた検査室の再構築〜信頼される検査室を⽬指して〜
    實原 正明 先⽣(飯⽥市⽴病院)