Web-ITEM 2020
Shaping the Digital Transformation of Imaging.

Web-ITEM 2020
 
Web-ITEM2020ご案内状

JRC2020 開催方法 変更
この度の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、開催方法がWeb等を活用した学会、展示会へ変更となりました。

JRC2020 Web開催

  • 日程:2020年5月15日(金)〜6月5日(金)
  • テーマ:一寸の光陰 The power of Imaging

Web開催特設サイトはこちら

医用画像のデジタル変革を皆さまとともに

すぐれた医療サービスを低コストで提供するために、いまや、デジタル変革は欠かせません。Siemens Healthineers の先進的なAIソリューションをはじめとするインテリジェント・イメージングテクノロジーは、医療分野に自動化や標準化をはじめ、個別化医療の具現化まで、さまざまなイノベーションをもたらします。また、最新鋭のデジタルソリューションは、生産性の向上や臨床業務の最適化といったワークフローの効率化はもちろん、ペイシェント・エクスペリエンスの向上にも貢献します。Siemens Healthineers は、疾患についての幅広い理解をもとに医用画像と治療分野で変革を起こし、患者一人ひとりに最適かつ高品質なケアの提供を望む皆さまをサポートいたします。

展示ハイライト

Siemens Healthineers では、Web-ITEM 2020のメインホール内『出展社イチ押し展示』コーナーにて、ヘルスケアのあらゆる領域において意思決定をサポートするための幅広いポートフォリオを動画コンテンツでご紹介しております。JRC からの招待により、下記URLから無料で参加登録いただけますので、ぜひご覧ください。

共催セミナー

第79回日本医学放射線学会総会共催セミナー

  • 学会ホームページはこちら
  • 公開期間:2020年5月15日~6月5日

詳細は下表よりご確認ください。

Computed Tomography

演題演者
包括的心臓CT検査の実践
1) 包括的心臓CT検査の概要
2) CTによる虚血評価
3) CTによる梗塞評価
北川 覚也 先生
三重大学大学院医学系研究科 先進画像診断学講座 教授
 
Dual Source CTの実力
1) 急性期脳梗塞におけるDual Source CTの臨床活用
2) 頭部・脊椎領域におけるDual Energy CTの有用性
篠原 祐樹 先生
秋田県立循環器・脳脊髄センター 放射線科診療部
 
Tin filter technologyの活用 超低線量CT肺がん検診の実施に向けて
1) LSCTファントムでの検討
2) 健常ボランティア撮影
鳥居 陽子 先生
東京都がん検診センター呼吸器内科 医長
 
Tin filter technologyの活用
1) 腹部CTでの活用
2) 頸部CTでの活用
3) 小児CTでの活用
岡田 宗正 先生
山口大学医学部附属病院 放射線部 准教授
Low kV imagingの実践
1) 低管電圧撮影・低濃度造影剤の特徴
2) 低管電圧撮影・低濃度造影剤の活用(臨床例)
伊東 克能 先生
山口大学大学院医学系研究科 放射線医学講座 教授
 

Magnetic Resonance

演題演者
超高速撮像が上腹部ダイナミックMRIにもたらすインパクト齋藤 和博 先生
東京医科大学 放射線医学分野 主任教授
全身MRIの有用性堀越 浩幸 先生
群馬県立がんセンター 放射線部 部長
CS-VIBEでの高分解能全身撮像を活かした症例堀越 浩幸 先生
群馬県立がんセンター 放射線部 部長
syngo.via での読影環境堀越 浩幸 先生
群馬県立がんセンター 放射線部 部長

Digital Transformation

演題演者
syngo.viaのMR Neurologyアプリケーションの
Brain Morphometryとその臨床応用
土屋 一洋 先生
埼玉医科大学総合医療センター 放射線科 教授
医療クラウドフラットフォームteamplay の有効活用(線量管理)斉藤 剛 先生
独立行政法人国立病院機構横浜医療センター
統括診療部 放射線診療部 放射線科 特殊撮影 主任
Digital Transformation演者1:Prof. Phillippe Grenier (Radiologist, Hopital Foch, France)
演者2:Dorin Comaniciu, PhD (Vice President of Artificial Intelligence, Siemens Healthineers)