CT scan machine SOMATOM X.cite

SOMATOM X.cite with myExam CompanionIntelligent CT

AI技術を用いて開発された最新の全自動撮影システム「myExam Companion」を搭載。個々の患者の状況に合わせた検査内容を自動で作成し、技師の経験に関わらず最適な検査の実施と一貫性のある結果を提供します。また、 3D Cameraを用いた撮影ポジショニングの自動化や低線量撮影、患者の側で検査を行えるタブレット型端末など、SOMATOMシリーズのCTで培われてきた数多くの技術を統合し、患者の快適性を向上します。

SOMATOM X.citeは、患者一人ひとりの状況やニーズに合った最適な画像を、技術者の経験レベルや環境に依存せずに、常に一貫したクオリティで提供できるインテリジェントイメージングを実現します。

SOMATOM X.cite with myExam CompanionFAST 3D CameramyExam CompanionVectron® X-ray tubeVPI and Patient Observation CameraGO technologiesMobile workflow82 cm boreStellarInfinity detector®Low kV imaging and Tin Filter
    • Right dose modulation
    • Correct body region
    • Right scan direction
    • Guides technologists of all experience levels through routine examinations as well as more complex procedures
    • Procedures become more personalized for patients, easier for technologists, and more consistent for radiologists
    • 1,200 mA @ 70, 80, 90 kV
    • 0.6 x 0.7 (IEC) focal spot
    • 70 – 150 kV in steps of 10 kV
    • Improve compliance with breathing commands thanks to color-coded breath-hold countdown
    • Displayed on the front and back of the tunnel
    • Standardize and simplify all departmental processes – from patient setup to image distribution, archiving, and reading
    • Tablets allow you to stay close to your patient which results in higher efficiency, and higher patient comfort
    • Large bore helps patients and users to relax
    • Ideal for obese patients, and orthopedic or interventional procedures
    • With anti-scatter 3D collimator grid
    • TrueSignal technology with full electronic integration
    • Edge technology enabling the generation of 0.5 mm slices
    • Powerful low-dose scanning
    • Tin-filtered topogram
お問い合わせ

特長


Cardiac imaging、Neuro imaging、Spectral imaging、3つの分野における "myExam Companion" の卓越したインテリジェントイメージングを動画でご覧いただけます。

ct scan machine moodlight

さまざまな体格の患者や厳しい条件にも対応

大容量の X線管と耐荷重に優れる患者テーブル、82 cmのガントリボアサイズを実現したことで、体格の大きな患者や緊急検査に柔軟に対応することができます。
高齢で検査体位に制限のある患者や、救急検査でフレキシブルなポジショニングが求められるケース、また、インターベンション手技においても患者や術者の特徴に応じて、安全にアプローチすることが可能です。

 

Vectron X-ray tubeの説明を動画でご覧いただけます

検査目的や患者背景に応じて個別化された検査プロトコルの構築

X線やヨード造影剤を使用する CT検査では、検査目的や患者背景に応じて検査プロトコルを最適化することが重要です。SOMATOM X.citeは、最大1,200 mAの管電流出力を実現するVectron X-ray tubeによってハイパワーな低管電圧撮影、および、Siemens Healthineers 独自の Tin filter technologyによる低被ばく撮影を実現します。患者と疾患の両方の特性に合わせた個別化されたCT検査を実施することができます。

 

ct scanner application

タブレット端末をベースとしたMobile Workflow

タブレット端末で患者選択・登録から撮影プロトコルの選択、撮影範囲の設定や画像確認を行うことが可能です。最新の自動化技術を組み合わせることで、検査開始から画像配信までの一連の検査ワークフローを効率化することができます。

クリニカル情報